2016年03月

ここでは、2016年03月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 日の更新です。
 こんにちは、ソウです。
 バイト先が潰れてからずいぶん長いことフラフラしてるような気がしますが、まだ半月程度。
 潰れた当初は『一ヶ月は遊ぼう』とか考えてましたがどうにも落ち着きません。

 今日は家からバイクで十五分程度の場所にある小さな水門へ行ってきました。
 菜の花が咲き乱れ、あと数日で満開になるであろう桜が色づいていてなんとも春でした。
 下見程度のつもりで路肩にバイクを停め、煙草を吸いつつ時折通り過ぎる自転車乗りの人たちを眺めてました。

 ……?
 水門の監視カメラの上になにか鳥が……?
 鳩、いやカラス?

 12
 なんだお前は……!
 即座に煙草を携帯灰皿に押し込み(火傷した)カメラを撮りだし撮影。
 近づく、撮影、近づく、撮影……。

 逃げられました。
 やつは一体何者なのか……見たところ猛禽類でしょう。
 しかし目立つオレンジ色の背中。
 そんなのいたかな、と思いつつ移動すると。

 14

 水門の上にもいました。
 僥倖!とばかりに連写をかましましたが一向に動く気配がない。

 15 00
 微動だにしない小憎たらしいあんちくしょうを横目に飛来したサギや愛車を撮ってみたり。
 水門の上を監視し続けること四十分。
 その間野鳥図鑑で調べてみたところ、チョウゲンボウという小型の猛禽類らしいです。
 ハヤブサの仲間だとか。

 ふむふむなるほどと思っていると。

 13
 最初に逃げていったチョウゲンボウが戻ってきました。
 しかしよく観察するとなにか足に持って……?

 ※微グロ注意
 11
 そして悠遊と水門の上にいた個体と合流。
 私はここではたと思いつきました。
 お前ら番(つがい)だったのか!

 ちょっとまって、持ってるそれ……あっ(察し)

 17

 どうやらメスへの貢ぎ物だったようです。

 そして。
 18 19 20
    ジリッ         ピョーン         バッ

 漢を感じます。

 16
 その後、彼は悠然と春霞のかかる空の彼方へ飛び去って行きました。

 いや、いいものが撮れました。
 ここ最近野鳥ばっかりなのでそろそろ星も撮りたいですね。
 夜中に天気に恵まれさえすれば撮りたい星景があるんですけどね。

 さて怒涛の更新で三月を締めくくりました。
 四月中ごろには新しいバイトを始めたいと思ってるので、月一で更新できればいいなと思ってます。

 長くなりましたが、今回はここで。

スポンサーサイト


 近更新が頻繁。
 こんにちは、ソウです。

 昨日、一昨日と友人のますだ氏に教えてもらった多々良沼へ行ってました。
 野鳥がよく見れるとその筋では有名だとか。
 さすがにカワセミとの遭遇はありませんでしたがこればっかりは運なので潔く諦めるとして。

 多々良沼、有名なだけあって野鳥屋的にはかなり楽しいかもしれません。
 また野良猫の楽園でもあるらしく、一日に六、七匹の猫と遭遇することも珍しくないです。

 3 2 1

 猫は癒しだってはっきりわかんだね。
 私は猫派でも犬派でもなく生き物なら大体オッケーというガバガバ人間なので楽しいです。

 野良猫はさておき。
 問題の野鳥ですが撮れ高はいまひとつといったところ。
 天気のコンディションと私の技量不足でこれだ!というものは撮れませんでした。

 8 9
 強いて言えば撮りたくて仕方なかった猛禽、トビが撮れましたが納得の出来ならず。
 必ずリベンジします。
 もう少しSSを上げるべきだった……猛省。

 10
 あと遠かったんですが魚狩りに失敗したトビを無理やり撮ってみたり。

 6
 渡るタイミング逃して置き去りにされてたコハクチョウを追っかけまわしたり。

 7
 チュウサギと睨みあったりと数多くの野鳥を見ることができました。

 4 5
 その中でも上手く撮れたほうなのはジョウビタキでしょうか。
 シジュウカラやヒタキの類は頭がいいのか人間をあまり恐れないで比較的近くで撮らせてくれます。
 これでトリミングなし、やったぜ。

 今回の二日間で学んだことは不規則に高速で動く野鳥は極めて難しいということと忍耐。
 耳を澄まし、目を凝らし、周囲の気配を感じ取り辛抱強く目的の野鳥が現れるまで待つ。
 結果がすぐに得られてしまう現代、少し難しいかもしれません。

 それでも野鳥はやめられません。抗いがたい魅力があります。

 と、それでは今回はここで。



 が付けば三月も終盤。
 私の地元でもソメイヨシノの開花が発表されたりと着々と近づく春の気配。
 写真サークルでもお花見が企画されたりとワクワクです。

 21日に友人のますだ氏と東武動物公園に行ってきました。
 まあお財布には相当大ダメージでしたが元を取ろうと必死に楽しもうとしました。

 本当は経緯やらなんやらを書いていたんですが、記事が吹っ飛んでしまったので簡潔に。

 撮った写真なんかは追記からお願いします。

[東武動物公園と友人]の続きを読む

 月です。
 こんにちは、ソウです。
 本当はキリよく昨日書こうかと思ったんですが二日になってしまいました。

 今日は新たな仲間をご紹介します。
 なけなしの貯金を犠牲に値下がりしていた7D Mark2を購入!
 欲しかったんです、ずっと。
 昨日届いたんですがもう感動しっぱなしでした。

 s_DSC_0075.jpg

 嬉しすぎです。連写ほんとすごいですね。
 秒10コマですよ10コマ。
 ……使いこなせるように頑張ります。
 というわけで今日は届いたばかりの7D2の試運転も兼ねて野鳥撮影へ。


 なんでも地元では河津桜が見頃だとか。
 それならば、と河津桜の植えてあるバイクで10分ほどの公園に向かいました。

 s_2Y9A0341.jpg
 主流のソメイヨシノよりも色の濃い河津桜は被写体としても優秀。
 桜を撮り慣れてない人でも割とキレイに写せますね。
 というわけで河津桜にやってきていたヒヨドリ。

 s_2Y9A0287.jpg
 ハトくらいの大きさなので中々撮りごたえがあります。
 迫力もありますね……あまり進んで撮ろうとは思わない鳥ですけど。

 s_2Y9A0237.jpg
 春と言えば桜、桜と言えばこの野鳥。
 メジロです。
 白いアイリングが一際目を引き、愛らしい印象を持たせますがよく見るとそこそこ怖い顔してます。
 花の蜜が大好物で「はなすい」と呼ぶ地方もあるとか。

 s_2Y9A0240.jpg
 メジロ。
 私は野鳥を撮るうえで瞳の中に光(ハイライト)を入れることを意識してます。
 ……基本なんでしょうかね、誰かに教わったこともなければ調べたこともないので分からないですけど。

 s_2Y9A0385.jpg
 メジロ。
 ときどきウグイスとメジロを混同して覚えてる方を見かけます。
 ウグイスは地味な見た目に「ホーホケキョ」の有名なさえずり。
 メジロは派手な緑色(ウグイス色にあらず)に「チー」という地味なさえずり。
 ウィキペディアさんのメジロの項目にもあるくらいです。
 野鳥にあんまり興味のない人はそこらへん気にしないんでしょうね。



 と、今回はこんな感じでした。
 7D2はまだまだ使いこなせていませんが楽しいですね。
 X7iと一緒に末永く使っていきたいです。


 それでは今回はここで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。